コロナ禍のメンタルスケッチ

2020.04.07 Tuesday 19:18
0

    JUGEMテーマ:横浜

     

    未曽有のパンデミックが起き

    人が、店が、学校が経済が止まる

    先の見えない閉塞感の中

    横浜駅の人混みも普段よりだいぶ少ない

     

    私はホームより上がるエスカレーターの左に立ち

    (なぜ左に立たなければいけないのか未だにわからないのだが)

    このような全てを止めようとしている日本でせっせと右側を登ってゆく人々の背中を見る

    大きな荷物を背負った若者、母であろう女性、手すりにつかまりながらも歩いて登る老人

     

    その先になにがあるというのだろう

    彼らはなにを求めて人より先に登ろうとしているのだろう

    その背には「蜘蛛の糸」のような必死さは無く

    言ってみれば無目的にプログラムされたかのように動く彼らの姿を見るたび

    私はいまだに少しだけ「恐怖」のようなものを感じる

     

    その恐怖が何に起因するものなのかはよくわからない

    純粋な興味で「あなたはなぜ今動いているエスカレーターを歩いて登っているのですか?」

    と尋ねてみたくなる

    とても急いでいる人もいるだろう

    (とても急いでいる人がこれだけたくさんいるのならばそれもとても怖いことだ)

     

    でも私が一番怖いのは

    穴がどのくらい深いのかを知るために小石を投げ込んでも

    いつまで経っても音がしないように

    その質問の答えが返ってこないことなのではないかと思う

    JUGEMテーマ:こころ

    category:横浜 | by:Shawn.Gcomments(0) | -