ロング グッドバイ

2019.05.08 Wednesday 23:13
0

    JUGEMテーマ:自分が読んだ本

     

     

     

    レイモンド チャンドラーのフィリップ マーロウシリーズであり

    バーにはなにかとご縁のある一冊

     

    作者は30年代の生まれの人だし、この作品のギムレットを取り上げて

    令和になった今の時代に云々言うつもりはきっぱりとありません

     

    実は村上春樹訳のこれが初めて読むこの作品なのですが

    長々と訳者が説明しているように、私はその文体に(そしてそれを活かした訳に)

    ストーリー以上に興味を惹かれていると言っても過言ではないかもしれません

     

    ヘミングウェイの作り上げたスタイルを更に進めたという見られ方をしているようですが

    人物の感情や心の声を描かない文体は正にその通りで

    フィリップ マーロウという人物は最早人物でなく、一つの概念のようなものにまで

    なっていると言ってもいいのではと思ったりもします

    一つのイズム、抽象、記号

     

    原文を読んでいないし、この先読むかどうかもわかりませんが

    少なからず衝撃を受けましたし、間違いなく酒に合う一冊です

    そして酔います

    category:読書 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

    PR
    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM