営業許可更新とお役所のおしごと

2019.07.02 Tuesday 19:11
0

     

    飲食店の営業許可が最長7年でして、今年当店は14周年だったので

    おのずと更新の年となりました

    7年に一度とはいえなかなか気が重いものです

     

    はっきり言ってウチはかなりきれいにしているし、衛生的にまず問題は出ないですが

    平日の昼に立ち入り検査をするため出てこないといけないわけで、これが朝帰る人間にはけっこう辛い

    まあともあれ無事に(あっという間に)立ち入りを終わらせ、ほっとしてると書類を渡され

    「これを持って役所に来てください」

     

    終わってなかったー

     

    役所に行くには店にて仮眠を取り、午前中に行き、帰って一休みしてから仕事となるわけで

    それでもやらなきゃいけないので行きましたとも

    歩いて店から20分くらいでしょうか、しかし平沼高校出身の私だけどこのあたりを

    あまり歩いたことがなかったので意外に見慣れぬ景色が新鮮だったりして

     

    橋から横浜駅方面を望む、ガスタンクと共に

     

    逆サイド天王町方面。左手は相鉄線沿い、モデルハウスのあるところ。川のある景色が好き

     

    そして無事に役所で(あっという間に)手続きは終わり

     

    「出来上がったら二週間以内に取りに来てください」

     

    マジでか?

     

    category:横浜 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

    鎌倉散策 円応寺 鶴岡八幡宮

    2019.05.28 Tuesday 22:38
    0

      JUGEMテーマ:湘南

       

       

       

      大分時間が開いてしまいました、北鎌倉から鶴岡八幡宮に向かって歩いて行くと

      途中に円応寺という小さ目のお寺があります

      ここは閻魔大王をはじめとする十王像が祀ってあるちょっと珍しいお寺

      一緒に行った方のリクエストで大変久しぶりに参拝しましたが、改めてじっくり

      説明を読み、像を見ると実に感じるところ多く、行かれてない方は是非にとお勧めします

       

      子供だったら泣くくらい怖いですよ、そして閻魔大王が最後に裁くのでは無く5番目くらい

      だったのを知り、ちょっとびっくり

       

       

      鶴岡八幡宮の、雷で焼けた大銀杏、もうこんなに大きくなったんですね

      昔は太鼓橋も渡れたんですが今は残念ながら無理ですね

       

       

      そのまま鎌倉駅まで歩けば、駅裏側に廻りソーセージ屋さんで

      疲れを癒すビールとソーセージ。これは定番

      category:旅行 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

      ロング グッドバイ

      2019.05.08 Wednesday 23:13
      0

        JUGEMテーマ:自分が読んだ本

         

         

         

        レイモンド チャンドラーのフィリップ マーロウシリーズであり

        バーにはなにかとご縁のある一冊

         

        作者は30年代の生まれの人だし、この作品のギムレットを取り上げて

        令和になった今の時代に云々言うつもりはきっぱりとありません

         

        実は村上春樹訳のこれが初めて読むこの作品なのですが

        長々と訳者が説明しているように、私はその文体に(そしてそれを活かした訳に)

        ストーリー以上に興味を惹かれていると言っても過言ではないかもしれません

         

        ヘミングウェイの作り上げたスタイルを更に進めたという見られ方をしているようですが

        人物の感情や心の声を描かない文体は正にその通りで

        フィリップ マーロウという人物は最早人物でなく、一つの概念のようなものにまで

        なっていると言ってもいいのではと思ったりもします

        一つのイズム、抽象、記号

         

        原文を読んでいないし、この先読むかどうかもわかりませんが

        少なからず衝撃を受けましたし、間違いなく酒に合う一冊です

        そして酔います

        category:読書 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

        鎌倉散策 北鎌倉 笛

        2019.04.23 Tuesday 18:50
        0

          JUGEMテーマ:湘南

           

          久しぶりに北鎌倉、ちょうど陽気も良く散策日和

          北鎌倉駅は相変わらずホームからそのまま出られる小さな駅

           

           

          参拝はしませんでしたが駅前には円覚寺、漱石の「門」の舞台と言われます

          新緑がきれい

           

          そのまま明月院前を左に行き、「笛」へ

           

           

          展示があったので店内は撮りませんでした

          39年目になるこの店、実に私が18歳のときから30年通っている喫茶店

          何をしたらいいのかわからず行き場のなかった時にだまって居させてくれた

          刃物のようにとんがっていた若い頃の私に

          「でも一番強いのは友達になることなんだよ」とやさしく言ってくれた

           

          ありがとう

          そんなマスターがいたから今の自分があるのかも知れない

          今は営業日も少ないので数年ぶりに来れました

          category:旅行 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

          鶴見、沖縄ときどきブラジル その2

          2019.03.26 Tuesday 19:25
          0

            JUGEMテーマ:横浜

             

             

             

            さきほどのブラジルから少し奥に行くと沖縄マーケットもあり

            いろいろと沖縄グッズをお土産に買いました(塩はブラジル)

            冷凍庫にはテビチやらなにやら肉類も豊富にあります、沖縄料理屋も併設

             

             

            しかしこのあたりには何軒か沖縄料理屋やブラジル料理屋はあって

            迷うところ

            結局近くのヤージ小(グア)という家庭的な料理屋へ

             

             

            ここは飲み屋ではなく飯屋

            近所の家族連れやお一人様が飯を食いに来ていて

            持ち帰りの客も来て混み合っている

            安く早く美味いので納得なのだ

             

            個人的にマジ美味いと思う

             

            ということでちょっとアンダーグラウンドな横浜を紹介しましたが

            それぞれの場所でそれぞれの歴史と住人がいますから

            それを尊重していただけると幸いです

            category:横浜 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

            鶴見、沖縄ときどきブラジル その1

            2019.03.25 Monday 19:13
            0

              JUGEMテーマ:横浜

               

               

              何もない休みの日曜、親友と昼からぶらりと出かけました

              今日は鶴見散策飲み、なにげに私が在住の綱島からバスで一本であり

              産まれである大口からも近くです

               

               

              横浜のセーヌ川というべき鶴見川。来週には花見客が多い事でしょう

              東口から鶴見川を越えていくと仲通りがあり、そこは現在もブラジルや沖縄の

              移民の方の多いところ。そう、実は鶴見は移民の街という面があるのです

              それをまさに体現しているのがウチナー祭りで、サンバと沖縄民謡の融合という

              独特の文化を形づくっています

               

               

              こちらではブラジルの食材などが買え、奥は食堂になっていて

              昼から飲んだりもできます、日本語は一応通じます

               

               

              早速ペルーのビールで飲み始める

               

               

              Pastelというブラジルのおつまみというかおやつというか

              これはケージョ(チーズ)、他に肉などいろいろあって

              揚げ物だけど軽くて美味しい

               

               

              本場の人が作るカイピリーニャも初めていただきました

              ピンガにつぶしたライムと砂糖たっぷり

              甘いけど美味しい、夏にはこれを参考に作ってみよう

              後半に続く

              category:横浜 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

              懐かしの特撮レコード

              2019.03.23 Saturday 02:13
              0

                JUGEMテーマ:アニメ・特撮レコード

                 

                 

                いやー実家で整理してたらすごいの出てきた

                懐かしすぎるわ

                 

                 

                ていうかタイガーセブンとかリミットちゃんって自分でも覚えてないんですけど

                まあ兄がいたから、イナズマンが記憶のギリ

                夜霧のハニーなんて曲あるの?聴きたい!

                 

                 

                しかしすっごい古いのにデザインはイケてますね

                情熱を感じます

                サナギマンの時は弱くって逃げているイメージしかなかったんですけど

                写真で見ると戦ってるなあ

                記憶が確かなら3~4歳の時ですよ、観てたの

                幼稚園入る前だったから、白黒テレビで

                 

                変身してサナギを経ないとイナズマンになれないって設定が深いです

                category:音楽 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

                北方水滸のススメ 宣賛

                2019.03.11 Monday 21:08
                0

                  JUGEMテーマ:自分が読んだ本

                   

                   

                  珍しく読書ネタ

                   

                  北方健三氏の水滸伝

                  著者が水滸伝をバラバラにして再構築したと言うほど別物になっていることから

                  「北方水滸」と呼ばれる

                  おそらくこれからも、私の人生の伴侶であり続ける、全19巻

                   

                  語ると終わらないので、今回は心に残った名言を少々

                   

                  「おまえは穢れておらん。人は、自ら穢れるのであって他人に穢されるのではないのだ」

                   

                  宣賛は美男子だったが役人の嫌がらせで顔面を焼かれてしまい、人前に顔を晒せないほどの

                  傷を負い、心にも深い傷を負う

                  そんな宣賛が縁あって金翠蓮を親から解放する場面に直面し

                  彼女を救うために衆目の前で覆面を取り醜い顔面を晒す

                   

                  親に犯され売り飛ばされ、金づるにされていた彼女は自らを恥じ、穢れていると嘆く

                  そんな彼女に対し、いつも皮肉ばかり言う歪んだ宣賛がまっすぐに、きっぱりと言ったのが

                  上記の台詞である

                   

                  なんと強い言葉であろう

                  彼はこの言葉を持っていたおかげで心の底まで腐りはしなかったのだろう

                  自分と同じように酷い目にあっている女を見て救いたいと思い、心の底にあった純粋なものが

                  ようやく表に出たのだろう

                   

                  宣賛はこの言葉で彼女だけでなく、自分を救ったのだ

                   

                  うーむ

                  これだけはしょって書いても一つが限界だなあ

                  もう一ネタ書きたかったけどそっちの方が長くなるし

                  また気が向いたらですな

                  category:読書 | by:Shawn.Gcomments(0) | -

                  グレンフィディックセミナー

                  2019.03.07 Thursday 18:49
                  0

                    JUGEMテーマ:ウイスキー

                     

                     

                     

                    本日は横浜にてグレンフィディック蒸留所のアンバサダーによるセミナーがありました

                    グレンリベットと並び、あまりに身近すぎる感がありましたがスタンダードになりえる

                    という事の大変さを改めて確認できました

                     

                     

                    約130年、六代前に創業

                    この写真を見て、グラント&サンズという社名に対して少なからず感銘を受けました

                    初めてシングルモルトというウイスキーを世界に売り出したブランドとして、また

                    世界で最も多く売れているモルトとして有名ですが

                    樽職人やスチルの職人を自社で抱え、創業以来スチルの型も変えていないという

                    こだわりを教えてもらいました

                     

                    また、1800年代にフィロキセラによりワインやブランデーが大打撃を受けたのが

                    ウイスキーの追い風になったという興味深い話も聞けました

                     

                     

                    最後には貴重な40年物を試飲

                    最初はブラインドだったのですが香りだけで「なんじゃこりゃ!」くらいの

                    素晴らしさ。いやーいいものいただきました

                    category:BAR | by:Shawn.Gcomments(0) | -

                    今年も梅が咲いた

                    2019.02.26 Tuesday 19:07
                    0

                      JUGEMテーマ:花のある暮らし

                       

                       

                       

                       

                      今年も咲いてくれました、ありがとう

                      樹齢60年ほど、二階建ての家の屋根ほどある庭の梅

                      さすがに枝もかなり弱っていて、今年咲くのか心配でした

                      もっとも私は花もさることながら、梅干しを作るので梅の実がより重要

                       

                      昨年は実が少なかったので梅を買って来て漬けたりもしたのだが

                      やはりあまり美味しくない、理由はわからないが

                       

                      次の日曜は休めるので梅見酒と行こうかのう

                      category:綱島 | by:Shawn.Gcomments(0) | -